MATSUOKA CUTTER MFG.CO.,LTD.

Loading...
松岡カッター製作所のロゴ、富士山にMSマーク

技術と設備

多様化するニーズに即応して半世紀余。
マツオカの歴史は切削工具の歴史

松岡カッター製作所写真1

たとえば、タイヤが自動車の走行性能を大きく左右するのと同様に、被削材と加工機の接点にある「刃物」はマシンの加工性能を引出す最大の鍵といえるでしょう。

この加工技術の「先端」分野で、半世紀をこえるキャリアを積み重ねてきたマツオカ。そこにはあらゆる加工機と被削材に精通した、切削工具の専門メーカーならではの厖大なノウハウがあります。

これらを背景に、テクノロジーとライフスタイルの革新の中で、多様化・高度化へと加速する素材と機械に対しマツオカは、つねに最適化した刃物を開発・提供。ユーザー各社の信頼に応え続けています。

高品質・短納期を保証。
卓越の生産技術&品質管理による一貫生産体制

松岡カッター製作所写真2

マツオカは専門メーカーの中にあっても希な、設計から製品化までの社内一貫生産を実現しています。高い技術水準の中で工程のすべてを内製化することにより、品質管理を徹底し高度な品質保証体制を確立しているのです。

一方、製品のほとんどがカスタマイズ品という受注生産の中で、あらゆるオーダーに対し迅速かつきめ細かな対応が可能な、柔軟性を備えることにも成功しています。

最新鋭の各種NCマシン、マシニングセンタも積極導入し、マツオカはそのフレキシブルな一貫生産システムにより、多品種少量という時代のニーズに高品質・短納期で応えます。

松岡カッター製作所写真3

樹脂・金属から新素材まで
幅広くカバーする刃物ラインナップ

1935年、西独製ハイス鋼刃物を日本仕様に改良したことに端を発するマツオカの刃物づくりは、切削工具一筋の技術の蓄積によりつねに木工業界にイノベーションを起してきました。

一方、木工業界をリードする技術が投入されたマツオカの製品は、国内外で高い評価・支持を獲得。他業界のメーカー各社からも注目を集め、数々の専用刃物の開発依頼が持込まれてきました。

いま、マツオカは4000をこえる充実の製品ラインナップを誇ります。木質系、無機質系、樹脂、金属系素材まで・・・。あらゆる加工分野で愛される信頼のブランドとして、さらにその技術領域を拡大し続けています。

松岡カッター製作所の機械設備一覧

模型マシニングセンター (日立 HG500)4台
立型マシニングセンター (マキノ V56,他)6台
CNC自動旋盤 (森精機 NLX2500)3台
ワイヤカット機 (ソティック AQ325L)3台
CNS光学倣い研削盤 (ワシノ GLS5T)4台
光学式投影機付き研削盤8台
ロボドリル1台
CNS放電加工機 (ワルターパワーダイヤ)2台
CNS帯鋸盤 (アマダ PCSAW330)2台
CNS工具研削盤 (マキノ CNV2-40他)3台
工具研削盤 (マキノ C-40)30台
放電加工・工具研削盤 (パワーダイヤ)2台
テーブルスライド平面研削盤3台
ロータリー平面研削盤3台
立型平面研削盤2台
立横フライス盤16台
汎用旋盤6台
精密工具研削盤 (エバーグ RS-15)1台
円筒研削盤3台
内径研削盤1台
汎用帯鋸盤2台
サンドプラスト2台
複合加工機1台
キーシータ2台
レーザマーカ2台
高周波加熱装置2台
その他の研削盤など10台
2次元CAD/3次元CAD2台
3次元測定器1台
マイクロスコープ1台
バランサーマシン1台
非接触工具測定器 (ワルターヘリチェック)1台
ページのトップへ戻る