04.その他

分類 >

バリトール(BariToru)

(当ページ)

バリトールバリトールの寸法図
半リング状治具加工例1と2ファイル 65-5.jpg
携帯電話からのお問い合わせ(メール&電話)は便利なQRコードをご利用ください。
小さなボディで大きなワークを。
社内アイデアコンクールで誕生した「バリトール」です。
分類:OTHER ITEM(その他の製品)
製品名:φ1.7ガイド付きバリ取りビットバリトール(BariToru)
説明:
  • 金属材等を切削加工した際、角に出るバリ。このバリを取る、或いは面取り加工を施す作業は簡単なようで以外に悩ましい仕事です。
  • 中には一部ピン角を残して、他の部分は面取りするなど、人の目と腕に頼ったヤスリ掛け作業で1個ずつ仕上げていかなければならないワークもあります。
  • この小さな面取りビット「バリトール」では、今までのベアリングガイドローラー付きの面取りビットでは加工できない狭い所、 例えばキー溝の中の部分、歯車の谷(底)の部分などのバリ取り(面取り)に適しています。
  • 主にボール盤による加工をして頂く為に刃数、角度共に最適なものになっております。
  • 特にφ1.7のガイドは簡単に折損しないよう最良の材質、熱処理を施してありますので安心して御使用頂けます。 また、ボール盤主軸の下降位置を保つために留め間座を用意しました。 これを使用する事で主軸の上下位置が簡単に確保でき、内面のバリ取り加工スムーズに行えます。
特徴:
  • 小さな(狭隘な)コーナーのバリ取り(面取り)が効率よく加工できます。
  • ボール盤で簡単に使用できます。(半リング状治具使用*画像の赤矢印参照
  • 切削部分は6枚刃、材質は超硬合金を使用していますので耐久力は優れています。(ハイス仕様もございます)
  • φ1.7のガイド部分は厳選された素材を使用しておりますので衝撃に強く、また折れにくい構造になっています。
加工例:キー溝のバリ取り、スプラインのバリ取り
 お問い合わせ | お問い合わせフォーム

▲ Page top