Vol.38 替刃式ボーリングビット(座繰り錐)

(当ページ)

スライド蝶番・ヒンジ穴加工用の毛引き・平刃・センター独立タイプ

分 類:
ビットシリーズ(替刃式ビット)
製品名:
替刃式ボーリングビット(座繰り錐)
替刃式ボーリングビット(座繰り錐)

平刃、毛引き刃とも両面使用が可能な、経済的で使いやすいチップ交換システムを採用しています。

替刃式ボーリングビット(座繰り錐) ここがニュース!

【NEWS1◆ 替刃ならではの均一精度】

替刃式の採用により、つねに安定した寸法制度が得られます。

【NEWS2◆ リスクを低減する刃構造】

毛引きと平刃が独立した構造により、万が一の欠け、チッピングなどの破損による、替刃ロスによるコスト増も低く抑えることができます。

【NEWS3◆ 両刃式で替刃コスト半減】

底刃・毛引き刃とも両面使用が可能。替刃コストを低減します。

【NEWS4◆ 用途に応じた最適サイズが選択可能】

規格品として、建具をはじめ用途の広いφ35φ45の他、大型サイズのφ50も用意しました。

【 寸法例 】
軸径 φ刃径φ全長 mm刃数備考
φ12φ35
φ40
φ50
75(*)
75(*)
80(*)
4 P(平刃2P、毛引き2P) (*)印の寸法は
軸端より平刃先までの寸法です。

【 用途 】
座繰り穴加工、スライド蝶番、ヒンジ穴、把手穴などの加工。

【 注意 】
電気ドリルによる手加工や、被削材クランプをしない状態での卓上ボール盤による加工では、加工精度および安全性に問題が生じます。絶対にお止め下さい。

Unit : mm
QRコードの画像 携帯電話からのお問い合わせ(メール&電話)は便利なQRコードをご利用ください。

▲ Page top